体験行ってみた!サンタクシー株式会社

サンタクシー株式会社に体験入社する▷▷▷こちらから

タクシー体験入社.comがはじまりまもなく1ヶ月を迎えます。各タクシー会社へ訪問するたびに思うのは千差万別というくらい、社風・営業方法・ニーズなどが豊富ということ。

今回は『神奈川京浜地区』のタクシー会社「サンタクシー株式会社(横浜市中区)」へ弊社スタッフ自らが体験入社をしてみました。

横浜の湾岸部に位置するサンタクシー。
通常のタクシー営業もさることながら、お客様からの予約や観光タクシーが強い!

名所が長所。地元愛満載のタクシー会社

観光地横浜でのお仕事。
それだけでも旅行ガイドに掲載しているような場所への日常が当たり前に…!

港町横浜の潮風漂う営業所で、近隣は根岸だけでなく・山手・本牧と全国的にも有名な地名がずらーりずらり!

住宅地からの御要望だけでなく、冠婚葬祭・各企業からの予約、特に大手航空会社職員の送迎も受けており、かゆいところに手が届くサービスを行っております。

地元横浜を案内する「観光タクシー」は好評で、定年を迎えられた夫婦だけでなく、地方からの観光客、豪華客船クルージングの途中下車で予約された方などからも人気を博しています。

地元愛にあふれた接客でエスコート。まさに近隣の足だけでなく、横浜観光の要として必要不可欠な足となっております。

サンタクシーの車両たち。JPNタクシーも随時導入しております。

我々スタッフも早速訪問!横浜市民でも、なかなか行く機会の少ない「中区かもめ町」。

ぱっと思い浮かぶのは、工場の夜景や、中古車のオークション会場…。

近所は企業の工業団地に囲まれており、やはり夜は高速道路や工場がライトアップされて綺麗なんだとか!

そして好きな人は、あの言わずと知れた「あぶない刑事」のロケ地なんですよね!(そもそも中区一帯がそうなのですが)

それに貨物線の廃線跡地を間近にみると、好きな人にはもうたまらない光景かもしれません!…行ってみればわかります。

かつての貨物線跡でしょうか?これは廃線マニアには大ウケ。我々も初めて来ました…。

点呼~機器~車両までじっくり見学♪

訪問させて頂いた日が真夏ということもあり、じっとしているだけでも汗が吹きこぼれるレベル…!しかしまず会社説明とタクシーについての内容を話すために会議室に通して頂きますとそこは天国(笑)。

クーラーが効いた涼しい部屋で今日一日の流れをサンタクシー坂本専務取締役よりお話しを頂き、まずは実際にタクシーの様子、出庫(出発)前に行う点呼の模擬体験などを行います。

どこでもそうなんですが、「体調はどうですか?」「昨日はきちんと眠れましたか?」など、かならずその一声をかけます。

そして交通事故防止の為に「今日も安全運転で行ってまいります!」との誓いを立て、いざタクシー車両へ♪

会社説明の際も、一問一答丁寧に答えてくださった 坂本専務取締役 。
京浜地区でも“一等地”の横浜市中区で働くには、やはり地元愛が欠かせません。

点呼風景を見学。
アルコールチェックはもちろん、事前の体調管理などをしっかりとここで確認をとります。

まずバインダーに挟まれた用紙に「チェック表」があり、乗務員さんは自分自身が乗るタクシーに異常がないかをチェック!

こうしてまじまじ見ていると、普段街でみかけたり、何気なく使っているタクシー車両って、「ちゃんとこうやって整備をしっかりして走っているのだなァ」と感心します。

早速タクシー車両へ!タクシー会社目線だと、知らなかったことも結構多いんですよ!
一日宜しくお願いしまぁあっす!

車点検の様子も見学。お客様をお乗せするお仕事なので真剣!
実際に触らせて体験させてくれました。

また他社のタクシー会社様同様、サンタクシーも現在次世代タクシー配車アプリ『MOV』のサービスを開始し、好評を博している様子。周辺機器や車両をくまなく説明してくださったサンタクシーの松崎さん。

「実際にこうやって起動して…こうやって配車を決定して」というまさに裏側をじっくりと見せて頂きました。普段配車でタクシーを利用されている方は、なかなかこういう機会は覗けないので貴重ですよ!

車両点検の際は細かくバインダーに記入。丁寧に説明してくださったサンタクシーの松崎さん。
暑い中ありがとうございました。

貴重な「観光タクシードライバー体験乗車」!

サンタクシーが他の横浜市内のタクシー会社に比べ、特に力を入れている点としてあげられるのは「観光タクシードライバー制度」を設けている点が挙げられます。実はこれ、求職者相談でも多く寄せられる案件で、関東一帯を含め特に横浜市内でこうした制度を打ち出しているタクシー会社は意外と珍しいかもしれません(ラジオタクシーグループ全体のサービスとして行っております)。

そんな貴重な観光ドライバーのお仕事を、ここサンタクシーでは体験することが可能!お取り扱いの企業様で体験乗車をしているケースは多いものの、観光タクシーの体験乗車ができるのはサンタクシーだけです※。

サンタクシーには『かながわ観光タクシー認定ドライバー』が多数在籍、もちろん入社後しばらくして希望を出せばその道は開けますし、初めて横浜を訪れた方へのガイド役というのは、やりがいもひとしおでしょう。

今回はサンタクシーのかながわ観光タクシー認定女性ドライバーの下市さんにご協力いただき、営業方法などを間近に見せて頂きました。

サンタクシーで観光タクシードライバーを担当している下市さん。
市内の各名所なども観光パンフレットを片手にご案内。

観光ドライバーとして大切なことは何かとの問いには目の色を変え「お客様は楽しみたくて乗ってくださっている。ここを絶対に忘れてはならないし、乗車から降車まで楽しんでもらいたいんです。そこを伝えたいと思います!」と力強く語っておられたのがとても印象的でした。

※2019年8月2日現在。また体験入社.com掲載のサンタクシー様では『観光タクシードライバーのお仕事を乗務体験する』ことを目的としております 。

運転中はずっと観光に対しての心構えなどをお話ししてくださりました。

横浜観光パンフレットにもしっかりと観光タクシー宣伝が!

夜景コースやおなじみの横浜市内コースなどを、地元を知り尽くした観光ドライバーがご案内♪
仕事冥利に尽きるとおもいませんか?

この日は実際に、「外交官の家」に連れて行って頂きました。

緑がたくさんでとても素敵でした。

下市さんによりますと、「6月のバラが満開の時期にぜひ観光して頂きたい」との事。バラが満開の時期にぜひとも来てみたいですね!

サンタクシーの魅力

県内大手の無線グループである「ラジオタクシー無線」に所属。

決して大きくはない営業所ですが、その分コンパクトに凝縮された家庭的で、自分らしく伸び伸びと働けるのが魅力でしょう。また乗務員の接遇にも力をいれており、近年利用客からの評判も良いとのことです。

その理由として2010年度より大手航空会社株式会社との連携を開始。専任講師から直々に接遇教育を実施。特にサンタクシーはその中でもお客様や近隣企業からのご予約も多く頂いており、冠婚葬祭時も大活躍。地元密着かつ、選ばれる会社と言えます。

我々スタッフの何度か足を運んでおりますが、横浜市中心部で腰を据えて営業が可能ということ、さらには観光タクシーを通じて地元愛をかみしめながらお仕事ができる素敵な会社というのが伝わってきますよ。

『会社の良さ、地元横浜の良さを知って欲しいと思います。』
とのことでした。

まとめ

サンタクシーは横浜の南本牧に位置する、いわば穴場な会社。

荒井由実の「海を見ていた午後」の歌詞に出てくる、まさにソーダ水の向こうです。

我々も記事を作るときに頭を抱えたのが『どうやっても観光地として成り立つ』という事でした(笑)。日本の異文化発信地だった根岸や本牧の住民に古くから愛され、時代が変わっても新しさと古さのコントラストを上手に織り交ぜてきた港町横浜を駆け抜けてきたサンタクシー。ぜひ一度そのあたたかな社風を体験入社を通じて味わってみてください。本牧のカモメもみなさんを歓迎してくれますよ♪

最後にさんざん「地元愛」と書きましたが、もちろん市外の方もお気軽にお待ちしておりますよ(^-^)/

※同乗体験に関しては、実際にお客様がご乗車する場合がございます。ご乗車になられた際は速やかに各会社の指導に従い、法令・接遇を守り対応をするようにしましょう。

サンタクシー株式会社に体験入社する▷▷▷こちらから