タクシー営業でよく聞く『地域特性』って?

タクシードライバーに限らずですが、新たな就職先へと就く際、「どこで働くか」は重要なポイントとなってきます。夢を抱いて花の都へと身を投じる方もいらっしゃれば、慣れ親しんだ地元で自分らしく働く!という方もいらっしゃいますでしょう。

…その仕事スタイルに正解はありません。カッコよく言ってしまえばあなた次第です!

さて今回はどちらかといえば後者の慣れ親しんだ地元…という部分にあてはまるのですが、よく耳にするフレーズ『地域特性』についてタクシードライバーのケースを基にお伝えします。

仕事中にこんな夕焼けを見ながら一呼吸…そんな仕事スタイルがあってもいいと思いませんか?
(写真はイメージです)

一都三県の営業方法の違いから考える。

まず体験入社.COM内で掲載されている企業の中では一都三県(東京都 ・神奈川県千葉県埼玉県)が多く、特に東京都の中でもタクシーの営業所でピックアップすると『東京23区・武蔵野三鷹地区(以下:23区武三)』という営業エリアが大多数を占めています。

営業収入面・実働率・輸送回数なども47都道府県の中でも群を抜いております。営業方法なども当然都道府県で大きく違いますし、当然人口密集地であるほど収入は上げやすくなるのは言うまでもありません。

首都圏のタクシー営業ですと、「流し営業」が常に成立しやすいメリットがあります。
(写真はイメージです。)

地域特性とは?

それでは考えてみましょう。例えば、タクシーの営業方法でも触れたように、「都心3区の営業方法を、千葉県や埼玉県で行う」としても、それを成立するのは不可能に近いです。

なぜならば、そこには『地域特性』が含まれているからです。

昨今はよくテレビなどで「県民性」をテーマにしたバラエティ番組を目にする方も多いかと思いますが、都心も含め、その地域には様々な歴史的背景や産業、地形、比率、気候、人口…挙げればきりがないのですが、各エリアに在住されている方の特徴やニーズを把握することで、よりタクシー営業も『その地域に合った営業方法が必要となってきます。

東京23区(特別区武蔵野三鷹)のタクシーエリア情報を見る。

神奈川県のタクシーエリア情報を見る。

埼玉県のタクシーエリア情報を見る。

24時間という限られた中で様々な客層ニーズにこたえるのは、いわばRPGのようなものですが、「観光都市は観光都市の営業方法がある」ように、あなたの街にもきっと、それがあるはずです。

観光地や地方都市などの主要駅前となると大きなタクシープールも。
(写真は仙台駅)

ベッドタウンこそ地域特性

住宅地や商業施設、レジャー施設などの多い場所は、混雑時間や年齢層なども重要になります。
(写真はイメージです)

例えば23区武三以外の都内となると、大まかに多摩地区 。そしてその他隣県(神奈川県・千葉県・埼玉県)も含め都内へ通勤通学される方が住まれる地域を「ベッドタウン」と呼びます。

まさに読んで字のごとく「帰って寝床に着く街」という事です。

ですので日中や夕方は都心部と同じ営業方法をしてしまっては、帰って空振りをしてしまうことも…。

そのため通勤通学の時間帯や、各種イベント以外にも念入りに地域の動きや地理感覚・地形を把握する必要があるでしょう。

それに付け替え、避けて通れぬ高齢化の波もタクシー需要の大きな一端を担うはずですから、これからの時代は地区地域関係なく「接客力」がモノをいう」ことは間違いないと言えます。便利な時代だからこそです!

中には最寄駅どころかバス停までも困難な地形の住宅地も。
そんな時、地元タクシーの出番が来ます。(写真はイメージです)

地域特性の魅力

慣れ親しんだ土地であれば、地理感覚も掴んだまま仕事ができます(写真は立川市の立川駅前)。

やはり最大の魅力は、ご自分が慣れ親しんだ地域、ご自宅の近くなどでお仕事が出来るという点です。またタクシードライバーになるために23区武三エリアでは必須となっている地理試験が不要のケースも多いため、入社後のデビューも比較的スムーズです(神奈川京浜地区は必須)。

ここまでのお話しで気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、昨今配車アプリなどの普及はあるものの、営業方法などは都内とは少し違い、どうしても平均値を見ると都心部と収入に差が出ることは否定できません。

昨今は配車アプリの開発が過熱。
お客様はスマホでタクシーを呼ぶ時代になってきました。
(写真はイメージです)。

ですが中には「ライフスタイルに合わせて、のんびり働きたい」、「定年は年金生活だけだと厳しいのでタクシードライバーで働きながら生活したい」、そして「慣れ親しんだ地元で働きたい。でも収入がどれくらいになるんだろう…」、「今住んでいる地域でもそこそこ頑張れば稼げるのだろうか?」と疑問はまちまち。

そんなときこそ、馴染みの土地勘と地元の空気感を味方につけて、タクシードライバーという道も悪くないと思いませんか?

実は首都圏郊外でも場所によっては『タクシー需要の強い地域』というのが点在しており、きちんと真面目に働いていれば平均が23区武三エリアに肩を並べるケースも…。

ええー!?と思いませんか?

実際にタクシー体験験入社.COMを通じて近隣のタクシー体験に参加してみると…意外と地元で頑張っていける目途が付くような穴場を見つけることが出来るかもしれませんよ!

冒頭地域特性とは?でも申した通り、『その地域に合った営業方法』で頑張るということは、事実と言えましょう。

東京都の体験入社企業を探す

神奈川県の体験入社企業を探す

千葉県の体験入社企業を探す

埼玉県の体験入社企業を探す

まとめ

『郷に入っては郷に従え』ではありませんが、23区武三地区営業方法と、その他の営業方法は異なるのは、人や物流の流れもさることながら昔ながらの住民の特性、地域の特色、地理地形が複雑に絡み合っておりますので『いかにタクシー会社が地元に馴染んでいるか』というのも、ここでは重要なポイントと言えるでしょう。

タクシー体験験入社.COM では、その名の通り、『タクシーのお仕事を体験するサービス』です!そして体験に参加して頂いた方には、アンケート回答が必須条件で報酬も!ぜひ社会科見学感覚でも構いませんので、ご参加してみましょう♪