なぜ?タクシードライバーになるのはやめとけと言われてしまう理由

タクシードライバーに転職したい旨を周りの人に話すと、「タクシードライバーになるのはやめとけ」と言われる場合があります。これには、タクシードライバーの収入面や勤務形態、心身への負担などへのイメージが関係しています。

後悔することがないように、タクシードライバーという仕事がおすすめされない理由を確認しておきましょう。この記事では、タクシードライバーの実際の勤務形態についても触れながら、おすすめされない理由について解説します。

収入が不安定

タクシードライバーは、次のような理由で収入が不安定です。

給料は歩合制

基本的に、給料は歩合制です。そのため、客を乗せなければ収入にならず、働く時間帯や勤務エリアのイベント状況などで客数が大きく増減します。客がいない状況で勤務しても収入になりません。また、歩合制のため、公休日以外の日に欠勤すると、給料へダイレクトに響きます。体調が悪くても休みづらく、精神的にも負担が大きいでしょう。

会社によってはボーナスがない

会社によってはボーナスがなく、歩合制の給料だけで食べていくのはつらいと感じるタクシードライバーが多いことが実情です。また、稼いだ額がすべて自分の収入になるのではなく、約6~7割程度しか入りません。

たくさん客を乗せれば給料も高くなりますが、そうでなければ他業界よりも収入が少なくなるでしょう。

目次へ

接客へのストレス

タクシードライバーは、次のように接客へのストレスが大きい仕事です。

良い客ばかりではない

走行する道順や距離などでクレームをつけたり、暴力を振るってきたりする客がいるため、ストレスを感じやすいでしょう。また、夜間や深夜には酔っ払いを乗せることがあり、嘔吐物の処理に追われたり、コミュニケーションが取れず行先がわからなかったりとトラブルになる場合もあります。

小売業などの接客とはわけが違う

タクシードライバーは、基本的に1人につき1台の配置のため、1人ですべての客に対応する必要があります。密室であることからも、どのようなトラブルが起こるのか不安になる場合もあるでしょう。

また、客の中には会話を楽しみたい人やおすすめの観光地、地酒などを知りたい人もいるため、コミュニケーション能力や知識を求められることもあります。話しかけられるのが苦手な客もいるため、その場に応じた配慮が必要です。

目次へ

勤務形態が特殊

タクシードライバーは、次のように勤務形態が特殊なため、心身に負担がかかりやすい仕事です。

勤務による拘束時間が長い

一般的に、仕事は8時間勤務が基本ですが、タクシードライバーは倍以上の勤務になる場合があります。また、深夜は飲み会帰りの人が多く需要が高いため、高収入を狙うのであれば深夜勤務が必要になるでしょう。結果的に勤務時間が長くなったり、昼夜逆転の生活になったりします。

体験入社で感覚をつかもう!

タクシードライバーへの転職が不安な場合は、体験入社をしてみるのもひとつの方法です。実際に体験して初めて知る実情もあるでしょう。現在、タクシードライバーは人手不足のため、求職者を集める目的で体験入社に給料を支払う会社もあります。

給料を得つつ体験できるのは大きなメリットでしょう。こちらのサイトでは自分に合った会社を探すことができるので一度利用してみてはいかがでしょうか。

目次へ

まとめ

タクシードライバーは、歩合制でボーナスがない会社が多いことから、収入面に不安を感じやすい業種です。また、きめ細かな接客対応や地元の知識、コミュニケーションスキルなども求められます。タクシードライバーへの転職に不安を感じている場合は、体験入社してみるのもひとつの方法です。実際に体験して、タクシードライバーの仕事への理解を深めたうえで転職を検討しましょう。