タクシードライバーへの転職で後悔する3つの理由

タクシードライバーに転職した結果、さまざまなことに後悔する場合があります。これは、どのような職業にも言えることのため、転職前に確認しておくことが大切です。

タクシー業界の事情を事前に把握して納得したうえで転職すれば、後悔せずに済む可能性があります。後悔する理由は体調面や精神面、収入面に関することです。ここでは、タクシードライバーへの転職で後悔する理由を3つに分けて詳しくご紹介します。

体が慣れない

タクシードライバーは、次のような理由で身体に負担がかかります。

生活リズムが不規則になる

勤務時間が長いうえに変則的。出庫準備や帰庫後の事務処理などを含めると、場合によっては21時間程度拘束されます。そのほか、深夜勤務で生活リズムが大きく変わることで身体に影響が及ぶでしょう。勤務日の翌日は休みの場合がほとんどで、一見メリハリがつくように思えるかもしれませんが、長時間勤務に体が慣れるのに時間がかかります。

ずっと同じ姿勢で過ごす

車の掃除や食事に出かけたりするとき以外、常に座っているため、腰を痛めるドライバーが少なくありません。また、同じ姿勢で長時間過ごすのに体を慣らすのが難しいでしょう。

目次へ

ストレスがかかる

タクシードライバーは、次のような理由で大きなストレスを受けます。

クレーマーや酔っ払いへの対応

タクシードライバーは歩合制であることが多く、需要が高い夜間に働く人が少なくありません。夜間は、酔っ払いに絡まれたり嘔吐物で車を汚されたりする場合があります。また、道順や時間にクレームをつける客や、タクシードライバーを狙った強盗がいるため、接客対応にストレスを感じるでしょう。

神経を使うことが多い

違反や事故を避けるために、運転には人一倍の神経を使うことになり、疲れてしまうでしょう。また、飲酒運転は絶対に許されないため、勤務日前日の飲酒はできません。飲酒がストレス発散方法になっている人にとってはデメリットです。

目次へ

収入が少ない

次のように、収入面でも後悔するケースがあります。

1日でも休むと大打撃

タクシードライバーは歩合制がほとんどのため、1日でも欠勤すると収入が大きく減ります。そのため、万全な体調管理が必要です。気分や体調に関係なく、常に気が抜けないのもつらい点でしょう。

不安なら体験入社をしよう!

タクシードライバーは他業種と異なる点が多いため、まずは体験入社するのがおすすめです。実際に体験すれば、見えてくるものもたくさんあります。給料がもらえる体験入社が可能な会社もあるので、まずは探してみてはいかがでしょうか。こちらのサイトでは体験入社可能な会社が多数あり、自分に合った会社を探せるので、利用してみるのも良いでしょう。

目次へ

まとめ

タクシードライバーに転職した結果、収入面や身体面、精神面などで後悔する人が少なくありません。これは、思っていたよりも心身への負担が大きく、体調管理が大変だったためです。

事前に、タクシードライバーの大変なところを体験入社で確認しておくことで、後悔するのを防げるでしょう。実際に働くことで見えてくることもあるので、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。