タクシーとバスの運転手業務の違いを徹底解説

タクシーとバスの運転手のどちらを選ぶか迷う方は少なくありません。タクシーとバスの運転手は、どちらも客を目的地まで乗せる仕事ですが、それぞれメリットとデメリットが異なります。

どちらを選ぶか迷っている場合は、仕事内容の違いやメリットとデメリットを確認しておきましょう。そのうえで、自分に合っている方を選ぶことが大切です。ここでは、タクシーとバスの運転手の違いとメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

タクシー運転手の業務の特徴

まずは、タクシー運転手の仕事について、メリットとデメリットを詳しく解説します。

タクシー運転手のメリット

タクシー運転手には、年齢や経験を問われません。また、若者や女性、外国人の採用にも力を入れているため、多くの人が入社しやすいのです。さらに、下降傾向にあった年収が上昇傾向に変わっていたり、働き方や勤務時間を選べる会社もあったりと、待遇面・働き方面も充実しています。

タクシー運転手のデメリット

ある程度の接客スキルや地理の知識が求められますが、経験でカバーできるでしょう。また、交通事故のリスクは他の運転業務と同等です。そのほか、勤務時間が長いこともデメリットですが、自分で勤務時間帯を選べる会社もあります。

目次へ

バス運転手の業務の特徴

バスの運転手には、街中を走る「路線」、観光客を乗せる「観光」、高速道路を通る「高速」、バスで送り迎えをする「送迎」の4タイプがあります。バス運転手のメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

バス運転手のメリット

職場での人間関係に悩みにくいことや勤務時間帯が固定で残業が少ないことなどがメリットです。そのほか、多くの客に「ありがとう」と言ってもらえる充実感、系列のバスであれば家族全員が無料で乗れる会社が多いといったこともメリットでしょう。

バス運転手のデメリット

勤務時間が長い、または不規則、さらに急な代行出勤を求める会社もあります。交通事故のリスクがありますが、他の運転業務も同じです。ただし、転倒や駆け込み乗車による事故はあります。そのほか、大型連休がほぼ無関係なこともデメリットです。

目次へ

自分らしさを追求したいならタクシー運転手がおすすめ

どちらの仕事にもメリット・デメリットがありますが、勤務時間などの自由度が高いのはタクシー運転手です。おすすめできる理由について詳しくみていきましょう。

新しい試みを行う会社が多い

A社は、外国人のみ対象の採用コース、夢を追いかけるためのシフトや就業時間を考慮した働き方ができる夢追人採用、LGBT採用など多様な採用形態をとっています。また、B社は出勤と休日を繰り返せる自由度の高いシフトができるなど、タクシー業界には新しい試みを行う会社が増えています。

入社するタクシー会社の選び方

タクシー会社によって、採用の特徴や勤務条件が異なるため、自分に合った会社を探しましょう。勤務時間から自由度の高さや働きやすさがわかります。社員の割合からは定着率が、離職率からは会社の社風や働きやすさがわかるでしょう。離職率は20~30%程度ですが、1ケタ台の会社もあります。

また、タクシーの体験入社をして、会社について理解を深めることも大切です。体験入社ができる会社は以下のサイトから探せるので、ぜひ利用してみてください。(https://taxi-taiken.jp/

目次へ

まとめ

タクシーとバスの運転手では、タクシー業界の方が自分らしい働き方をしやすいことが特徴です。また、離職率が低く、年収も上昇傾向にあるため、長く働きやすいでしょう。そのほか、タクシー会社によっては、外国人やLGBT、夢追い人を積極的に採用するなど、面白い採用企画を実施しています。この機会にタクシー運転手の体験入社をして、メリットとデメリットを実際に肌で体験してみてはいかがでしょうか。