タクシー会社の離職率は高い?長く働ける会社を見つけるコツ

転職先として、タクシー運転手を選択肢に入れる人も多いのではないでしょうか。

しかし、「タクシー運転手は離職率が高いという噂があるから、本当にやっていくことができるのか不安…」という人もいると思います。

タクシー会社の離職率は本当に高いのでしょうか。また、離職してしまう原因はいったい何なのでしょうか。今回は、タクシー運転手の離職率や長く働ける会社の見極め方について紹介します。

実際のタクシー会社の離職率は高いのか低いのか

実際にタクシー運転手の離職率は高いのでしょうか。ここでは、タクシー会社の離職率について解説します。

高い傾向にあるが業界が原因とは言えない

タクシー運転手の離職率は、実際のところ20%~30%で推移しており、決して離職率は低いとは言えません。しかし、それはタクシー会社のみが特別高いというわけではなく、多くの他業種にも当てはまることです。

タクシー運転手の業務は、仕事の持ち帰りがない、勤務時間の上限が守られている、国の監査により業界全体で管理されているなどの特徴があり、仕事としては一般的な企業よりもホワイト傾向にあります。

そんなホワイトなタクシー業界で離職率が高くなる原因のひとつは、求職者のタクシー運転手に対するイメージのギャップです。

タクシー運転手は誰でも入社しやすく、他業種からの転職が多い業界です。それゆえ運転が苦ではない人が簡単に参入できる業界だと思われています。しかし、実際にはプロ意識が低いと続けることが難しい業界です。

タクシー運転手の現実とイメージとのギャップによって、「思っていた仕事と違う…」と離職率が増えていると考えられます。

離職の主な原因

タクシー運転手の離職理由には、さまざまな理由があります。ここでは、タクシーの離職理由について見てみましょう。

よくある入社後にすぐ辞めてしまう理由は、以下のとおりです。

・運転のみの楽な仕事だと思ったのに、本質は接客業だった
・地理など意外と知識が求められる
・ルーティンワークに飽きる
・歩合制の給与システムが合わない

タクシー運転手は誰でもできる簡単な仕事だと甘く見て入社すると、表からは見えてこなかったさまざまな問題に直面して、すぐに辞めたくなってしまうかもしれません。

しかし、それはタクシー会社以外の職場でも同じで、タクシー会社だけが理想と現実のギャップが激しいというわけではないのです。

目次へ

離職率の低いタクシー会社も多い

タクシー運転手は離職率が高いと言っても、実際には離職率が低いタクシー会社も増えています。タクシー業界も、生き残り戦略のひとつとしてドライバーの働く環境改善に注目しているのです。

社員が定着しやすいタクシー会社も多い

離職率が高い業界の中でも、社員が定着しやすく、離職率が1桁台であるなど、離職率が低いタクシー会社もあります。

そういった会社の多くは、地域のニーズに沿う営業で地元住民から愛され、高収益を出している会社です。また、そのような会社の中には、他業種の新卒と比べると高い給与の会社もあります。

離職率を下げるための工夫

離職率を下げるための工夫として、いくつかのタクシー会社の事例を紹介します。

タクシー業界のとある協会では、入社対象者を根本的に見直し、女性・若者・外国人の採用を増やしています。また、夢の実現に向けて取り組んでいる人や子育て世代などには勤務時間の自由度を高めるなど、働き方改革も実施しているのです。

そうすることで、タクシー運転手は高齢男性が多いという業界のイメージや、長時間勤務のイメージを払拭しようとしています。

また、あるタクシー会社では、タクシー運転手を細かいマニュアルで縛らず、シンプルなルールだけを守るようにさせる、という一風変わった経営方針で離職率を下げています。

・ドアの開閉は運転手が手動で行う
・雨の日は傘をさして乗客をタクシーまで誘導する
・発車時に自己紹介をする

この3点のみをルール化し、あとは乗務員の裁量に任せているのです。

その結果、顧客のために自主的に動く乗務員が増え、地域の中で非常に大きなシェアを誇る企業になりました。

目次へ

離職率の低いタクシー会社に入社するコツ

離職率の低いタクシー会社はどのように選べば良いのでしょうか。ここでは長く勤務できるタクシー会社選びのコツを解説します。

離職率の低いタクシー会社の特徴

離職率が低く、人気があるタクシー会社の特徴には以下のものがあります。

・地元住民に愛されている
・近距離でも気持ちの良い接客をする運転手が多い
・ルールが少なく運転手の采配に任されている
・乗客を増やすための企画・工夫が多い(例:就職支援タクシー、介護タクシーなど)

このように、ある程度裁量があり、責任を持って働くことができる会社ならやりがい創出にもつながり、離職率も下がると言えるでしょう。

体験入社でタクシー業務との相性チェック

会社案内やホームページなどを見て理想の会社だと思っても、そもそも業種自体が合わない可能性もあります。まずは、タクシー運転手という仕事が自分に合う仕事かどうかを体験することが大切です。

タクシー運転手への転職を思いついたら、まずは体験入社を利用して会社や業務との相性をチェックしてみませんか。

運転手の理想と現実のギャップを少しでもなくそうと、体験入社を推奨する会社も増えています。中には、体験入社をすれば1日分の給料を出してくれる会社もあるため、ぜひ一度タクシー運転手の仕事に触れてみてください。

目次へ

まとめ

さて、今回はタクシー運転手の離職率について紹介しました。タクシー運転手は離職率が高いと言われていますが、それは求職者のタクシー運転手に対する理想と現実のギャップが大きいことが要因となっています。

それを埋めるためには、体験入社をしてみましょう。そうすることで入社後のギャップを感じにくくなるからです。まずはタクシー運転手の実際の業務を体験し、本当にあなたがやっていける仕事なのかどうかを見極めるところから始めてみませんか。