将来性はある?ドライバーの仕事の行く先

現在ドライバーとして働いていたり、これからドライバーへの転職を考えたりしている人の中には、仕事の将来性が気になっている方もいるのではないでしょうか。将来性のあるドライバーとはどのような人か見ていきましょう。

ドライバーの将来性とは

現在、自動車業界では、AIを活用した自動運転車の開発が著しく発展しています。自動運転車が一般的になると、ドライバーの仕事はなくなってしまうかもしれません。

特に、決まったルートを回る配送などのドライバーは、自動運転車に取って代わられやすいものです。

ドライバー業界は、慢性的な人手不足です。ドライバーの高齢化も問題になっています。そのため、ロボットやAIによって人で不足を補おうという動きも否定できません。

このように、ドライバーという仕事は働き方によっては、将来性がないと考えてもしかたのない状況です。

目次へ

ドライバーの仕事を続けるためには

今すぐに、自動運転の技術により仕事が奪われるわけではありません。しかし、将来的にドライバーの仕事が減るかもしれないことを頭に入れ、準備することが大切です。

ドライバー以外の資格を取る

ドライバーは資格や免許により、できることが決まります。タクシーやバス、トラックなどの運転に必要な免許以外に他の資格も取ることで、他のドライバーより優位に立てるでしょう。

フォークリフトやクレーンの免許や、危険物取扱者の資格などは、トラック運転手と相性が良いものです。現場で戦力になるとみなされるでしょう。

また、ドライバーから事務方への転身を考えているなら、簿記検定もおすすめです。運行管理者や衛生責任者の資格も、管理職へのステップアップを考えているならば取っておいて損はありません。

さらに、資格とは別に、自分なりに踏み込んだサービスを行うのも大切です。ただ運ぶだけではなく、AIやロボットにはできない人間ならではのサービスを考えましょう。

他のドライバー職を検討する

人間だからこそできるサービスといえば、コミュニケーションです。運転手の中でも、タクシードライバーはサービス業としての側面があります。

物を運ぶのであれば自動運転でも良いけれど、自分が乗車するなら人間の運転が安心できるという人も少なくありません。そのため、自動運転車が普及したとしても、人間が運転するタクシーは需要があるでしょう。