ドライバーの仕事はきつい。楽しめるタクシードライバー

運転は好きだからドライバーの仕事はどうだろう?
しかしドライバーの仕事はきついのでは?
このようにお考えの方のために、ドライバーの仕事内容と、何がきついと言われるのか?を解説します。

ドライバーの仕事内容

ドライバーにはさまざまな仕事があります。それぞれの仕事内容と特徴をみていきましょう。

トラックドライバー

トラックドライバーには走る距離で分けると短距離と長距離輸送の2タイプがあります。短距離の場合は宅配便などの荷物の配送や県内や近隣の地域に配送を行います。長距離輸送にはコンビニやチェーン店などに商品を配送するルート配送や、いわゆる貸し切りトラック輸送などがあります。

ほとんどの場合、配送希望日が決められていたり、日時指定があったりと、自分のペースで仕事ができないこともあります

バスドライバー

バスドライバーも走る距離で短距離、長距離と分かれます。短距離の場合は観光地巡りなどをする観光バスやあらかじめ決められた路線を走る路線バスドライバーの仕事があります。長距離の場合は高速バスといった都市間移動バスドライバーの仕事となります。

時刻表がありそれに従って運行する必要があるのが特徴です。事故や渋滞などがある場合はそれを回避するなどして、基本時刻表通りに運行していきます。

タクシードライバー

タクシードライバーはお客様を希望する目的地まで運ぶのが仕事です。近距離が多いですが、お客様の希望によっては長距離となることもあります。

自動車が一家に一台以上ある地域と比較すると、自動車保有率が低い地域で需要が高いでしょう。給料は基本的に歩合制となっているので、お客様を多くとればその分お金が入りますが、お客様を乗せなければ入ってくるお金はおのずと少なくなります

目次へ

ドライバーの仕事のきつさとは

ドライバーの仕事はきついといわれますが、どういう面を指しているのでしょうか?

長時間の運転による体の不調

一つ目は長時間座って運転することで腰痛が起こりやすいといった不調です。また狭い室内でいることが多いので、解放感がなく、気分的にすぐれないこともあります。

勤務時間が不規則

二つ目は勤務時間の不規則さでしょう。

特に長距離輸送ドライバーは拘束時間が長くなります。また高速バスのドライバーも夜間に走行することもあり、疲れがでやすいでしょう。

一方のタクシードライバーは日勤・夜勤・隔日勤務か、勤務形態を決めることが可能です。そのため、休みも取りやすくなり、疲労が軽減される利点があります。

目次へ

まとめ

ドライバーはきついといっても、どのドライバーをするかによって仕事内容や拘束時間が異なるため、一概にはいえません。運転が好きな人にとって、好きなことを仕事にできるというメリットと、勤務形態を選べるという観点から考えると、タクシードライバーはきつさが少ないといえるのではないでしょうか。