各種体験説明

各種体験項目の詳細

実際の体験内容を
見てみよう!
同乗体験とは?

タクシードライバーの実務を体験できるプログラムです。
実際の仕事姿を見ることができるため、タクシー体験入社で「人気のあるプログラム」となっています!

タクシー会社によって体験内容は異なりますが、大きく分けて同乗体験は2種類あります。
いずれのパターンでも、いきなり運転をさせられる…ということはありません。
基本的には隣で見ているだけでOK!
自分がタクシードライバーになった時のことを想像しながら見学してみましょう!

※体験入社の時は、車両の運転はできません。

ドライバーと一緒にお客様をお乗せする

ドライバーと一緒に路上に出て、実際にお客様を探し、目的地までお乗せする体験です。「車内での接客姿」や「お客様をどのようにして見つけ出すのか」などを実際に体験することができます。

お客様を見つける方法は様々で、会社の方針やドライバーの得意分野によって、近隣を周ったりお客様が多いエリアを周ったり、様々な方法でお客様を見つけ出します。

まずは近場を網羅!

営業所(会社)から車を出発させた時点でタクシーのお仕事はスタートします。会社のすぐ近くにお客様が多数乗車するスポットがある場合は「近場の営業スポットを網羅」し、効率的にお客様を獲得することが重要となってきます。

営業スポットを確認するだけでは泣く「近場を起点とした営業ルート」の確率にも役立ちます。タクシードライバーは広範囲の地理を覚える必要がありますが「まずは近場から」という考え方も大切な要素となっています。

例:近くの○○交差点を左折すると、新宿までの最短経路になる…等

「ブランド力を活かせるエリア」へ向かう

タクシー会社は、それぞれ各グループに加盟していることが多く、「グループ自体が得意とするエリア」も存在しています。(日本交通グループ・東京無線グループ…etc)

グループの車両のみ入構ができる「専用乗り場」が最たる例であり、ブランド力を活かす大きなポイントとなります。ブランド力をフル活用しているドライバーは、専用乗り場をうまく活用し、営業効率を上げています。

その他、グループ専用の無線配車でお客様が乗車されることもあるため、体験入社の時は「ブランド力を活かす方法」を質問してみましょう!

「とにかく稼げるポイント!」お客様が多い場所へ行く

ベテランドライバーは「得意なエリア」や「稼げるエリア」を知っているため、営業ルートが決まっていることもあるようです。その際は「なぜそのエリアが得意なのか」「他のエリアと違う点」などを質問してみると良いかもしれません!

これらのように、お客様を見つけ出すことはタクシーの基本的なお仕事内容であり、どういったやり方でドライバーが動いているのか、どんな場所でお客様がタクシーを利用するのか、お客様とどのような会話をしているのか、実際に見る事ができます。

こういった内容を知るだけでも「その後の会社選び・仕事選び」に役立つと思いますので、体験プログラムに組み込まれていた場合は是非チェックしておきましょう!

貸し切りにして運転技術や接客方法を体験する

ドライバーの運転で体験者はお客様役になり路上を周ります。タクシーは街中でお客様を乗車させるだけでなく、事前に予約があった場合は迎車としてお迎えに向かいます。
お客様としてサービスを受けながら運転時の配慮やドアサービスなど、ポイントでやり方を説明してもらいます。

タクシーの運転技術はただ車を走らせていれば良いものではありません。
発進時のアクセルの踏み方や停車時のブレーキの仕方、運転時のアドバイスやポイント、お声かけのやり方などプロの運転方法も体験できるので、わからないことは社内で聞くのも良いでしょう。
普段タクシーを利用する際には気づかなかったことも発見できるでしょう。

同乗体験のまとめ
  • 実際にお客様を見つける方法をドライバーと一緒に体験!
  • 見つけたお客様を乗車させ、一緒に目的地へ向かう
  • 間近でプロの運転技術や接客技術が見られる!

一つでも気になる項目があれば、
是非一度体験入社をしてみましょう!